添付文書・基本情報・仕様書

薬戸金堂で取り扱っている主な漢方薬の
添付文書・基本情報・仕様書を
掲載しております

ホーム » 添付文書・基本情報・仕様書一覧 » 漢方製剤・ケンショトウ(小建中湯エキス製剤)の添付文書

服用に際して、この説明書を必ずお読みください。
また、必要なときに読めるようにしてください。

第2類医薬品

ケンショトウ(小建中湯エキス製剤)の基本情報・添付文書

特徴

ケンショトウは、小建中湯(しょうけんちゅうとう)という漢方薬のエキスを飲みやすい顆粒剤にしたものです。本剤は、血色が悪く、疲れやすい体力虚弱な人の滋養強壮剤ともいえるお薬で、とくに子供さんで、ときどき腹痛を訴えたり、ちょっとした運動で疲れやすく、神経質で、夜泣きやお寝しょをするという人に、すぐれた効きめがあります。

使用上の注意

ピクト_してはいけないこと

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)

生後3ヶ月未満の乳児。

ピクト_相談すること

相談すること

1.次の人は、服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)吐き気・嘔吐のある人。
(4)高齢者
(5)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
(6)次の症状のある人。→ むくみ
(7)次の診断を受けた人。→ 高血圧、心臓病、腎臓病

2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
関連部位症状
皮膚発疹・発赤、かゆみ
消化器吐き気、食欲不振、胃部不快感

まれに下記の重篤な症状が起こることがある。
その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

関連部位症状
偽アルドステロン症、ミオパチー手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
3.1ヶ月間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
4.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

効果・効能

体力虚弱で、疲労しやすく腹痛があり、血色がすぐれず、ときに動悸、手足のほてり、冷え、ねあせ、鼻血、頻尿及び多尿などを伴うものの次の諸症:
小児虚弱体質、疲労倦怠、慢性胃腸炎、腹痛、神経質、小児夜尿症、夜泣き

用法・用量

用量

次の量を食前または食間に、水またはお湯で服用してください。(食間とは食後2〜3時間を指します)

年齢一回の服用量一日の服用量
成人(15歳以上)1包3回
15歳未満7歳以上2/3包3回
7歳未満4歳以上1/2包3回
4歳未満2歳以上1/3包3回
2歳未満1/4包3回

用法・用量に関する注意点

(1)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)1歳未満の乳幼児には、医師の診療を受けさせることを優先し、やむを得ない場合にのみ服用させてください。

成分・分量

本剤3包(1包4.2g)中に、

  • ケイヒ(桂皮)・・・・・・・2g
  • カンゾウ(甘草)・・・・・・1g
  • ショウキョウ(生姜)・・・0.5g
  • シャクヤク(芍薬)・・・・・3g
  • タイソウ(大棗)・・・・・・2g

※ 上記生薬より抽出した桂枝加芍薬湯エキス2.0g及びコウイ(膠飴)10gが含まれています。
添加物として、トウモロコシデンプン、ショ糖脂肪酸エステルを含有しています。

保管及び取扱い上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)1包を分割して服用した残りは、袋の口を折り返して保管し、2日以内に服用してください。
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。
⚫︎ 本剤は天然生薬を原料として製造していますので、製品の色や味等に多少の差異が生じることがあります。効果には変わりありません。

お問合せ先

ジェーピーエス製薬 お客様相談室
〒103ー0027
東京都中央区日本橋1−14−2
電話: 045(593)2136
受付時間
午前9:00〜午後5:00まで
(土・日・祝日を除く)

副作用被害救済制度

(独)医薬品医療機器総合機構
電話: 0120-149-931(フリーダイヤル)

発売元

ジェーピーエス製薬株式会社
横浜市都筑区東山田4−42−22

製造販売元

大杉製薬株式会社
大阪市阿倍野区天王寺町南1−1−2

ケンショトウ

ケンショトウの商品ページはこちらから

薬戸金堂

漢方相談は、漢方に詳しい相談員のいる薬店へ

 イスクラの漢方薬ご購入のご注意

イスクラの漢方薬は、通信販売やネット販売はしておりません。
それは、患者様の症状や体質などを考慮しながら、より的確な漢方薬・漢方レメディ・漢方関連商品を選択するためです。イスクラの商品を購入するには漢方相談が必要となります。
イスクラ産業の漢方薬をご所望の場合は、ご面倒でも、薬戸金堂・源保堂鍼灸院や、お近くの日本中医薬研究会に所属する販売店で直接お買い求めください。

 漢方薬ご利用のご注意

どの漢方薬がご自身に合っているかどうかは、専門家の見立てが必要となります。
素人判断では誤ることが多いのが漢方薬の処方です。
お困りの症状がある場合は、当店のスタッフ、またはお近くの漢方薬局にご相談してみてください。
漢方薬店は、必ずや、皆さまのお困りの症状に何らかの改善方法を提供してくれることと思います。

鍼灸院併設の漢方薬店

薬戸金堂・源保堂鍼灸院のご案内

東京の表参道にある薬戸金堂は、主にイスクラ産業の漢方薬を取り扱う薬店です。
鍼灸院を併設しているので、より的確な処方とアドバイスをすることができます。

Contact us

東京都渋谷区神宮前4-17-3 アークアトリウム101
TEL.03-3401-8125

Find us on socials

健康で豊かな生活のためにお役に立てること

薬戸金堂・源保堂鍼灸院は皆様の健康な生活のために、東洋医学・中医学で貢献させていただきます。