温胆湯

温胆湯 (C)イスクラの漢方薬なら薬戸金堂・源保堂鍼灸院へ
不眠症・神経症に

温胆湯

「温胆湯」という名称にある「胆」。
西洋医学の解剖学でいうところの胆のうを指しますが、その“胆のはたらきを助ける”というのがこの温胆湯の特徴になります。

では、胆はどのようなはたらきをしているのでしょうか?
二千年前に書かれた東洋医学の聖典である『黄帝内経』には、胆は、「中正の官」と記されています。
「中正の官」とは、“正しい判断を下す”ことで、決断をしたりするときに重要なはたらきをしてくれるものです。

現代は様々なストレスにさらされており、毎日が決断の連続です。
そのため、多くの人は胆が疲れ切っております。
夜眠れないとか、神経が高ぶっていたりするのは、もしかしたら胆の不調によるものかもしれません。

もし睡眠の質が落ちていたり、神経が過敏になっていると感じている方は、温胆湯の対象かもしれませので、薬戸金堂の漢方相談にいらしていただけたらと思います。

強力な補益薬として

温胆湯は
不眠症や神経症をやわらげます

イライラが強くなっていませんか?
不眠症など睡眠にも影響が来ていませんか?
悪夢が増えていませんか?
不安感も強くなっていませんか?
併せて胃腸も不快ではありませんか?

このような症状がある方は、温胆湯が適応になるかもしれません
漢方薬で不眠症や不安感を解消されている方が増えております

ストレスを緩める

決断することが多い方へ

現代はストレス社会
様々な場面で決断を迫られます
決断は胆の力が担当
温胆湯は胆力を戻して
精神をサポートしていきます

九つの生薬の力

『備急千金要方』からの名方剤

半夏・茯苓・生姜・陳皮
竹茹・枳実・黄連
酸棗仁・甘草
九つの生薬がバランスよく配合されて、胃腸の虚弱を調えてストレスを緩和します。

胃腸が弱いとき

胃腸の調子も整えながら

温胆湯に含まれる生薬には
胃腸を整えるものもあります
胃腸が元気になりますと
身体と心への栄養も
届けやすくなります

痰熱内擾に

胃腸が弱くなると、身体の巡りが悪くなり、痰湿という身体の巡りをせき止めるものが生じてきます。この痰湿は、身体の機能低下だけではなく、精神的な部分にも影響が出てきます。
悪心(気持ち悪い)、嘔吐、イライラ、不眠、動悸などは、この湿痰が原因かもしれません。
睡眠症状の改善にも温胆湯が効果的なこともあります。

清胆和胃

東洋医学では、胆のうをとても重要な臓器の一つと考えています。
胆のうは、正しい決断をしたり、血液をきれいにしたり、心身ともに機能のバランスを調整をしてくれています。逆にいえば、胆のうが不調になると、胃腸が不快になったり、動悸やめまい、不眠などが起きることがあります。
温胆湯は、胆のうのはたらきを助けて、心身の諸機能をサポートしていきます。

漢方薬店・薬戸金堂は鍼灸院とのコラボ薬店です イスクラ産業の漢方薬は表参道・青山の漢方薬店 薬戸金堂へ

薬戸金堂は、東京は表参道にあります。鍼灸院と併設している漢方薬店ですので、舌診だけではなく、脈診をしたり、腹診をしながら、より適切な漢方薬の選択をして参ります。漢方薬に詳しい登録販売者、鍼灸師が常駐し、皆様のお越しを待ちしております。

鍼灸院併設の漢方薬店

薬戸金堂のご案内

東京の表参道にある薬戸金堂は、主にイスクラ産業の漢方薬を取り扱う薬店です。
鍼灸院を併設しているので、より的確な処方とアドバイスをすることができます。

Contact us

東京都渋谷区神宮前4-17-3 アークアトリウム101

TEL. 03-3401-8125

Find us on socials

イスクラの商品は、通信販売・ネット販売はしておりません。患者様の症状や体質などを考慮しながら、より的確な漢方薬・漢方レメディ・漢方関連商品を選択するために、イスクラの商品を購入するには漢方相談が必要となります。漢方薬店・薬戸金堂や、お近くの日本中医薬研究会に所属する販売店で直接お買い求めください。

健康で豊かな生活のためにお役に立てること

漢方薬店・薬戸金堂へのアクセス